税理士用)e-taxで、税務権限代理証書を単独で電子送信できないの?

問題の所在

e-taxで、税務権限代理証書を作成できるが、これは添付書類ゆえに、電子送信する際に、他の所得税確定申告書や青色申告決算書や所得の内訳書などと違う扱いが必要になる。

 

結論

以下の、e-taxのヘルプのとおり:

https://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/yokuaru04/15.htm

 

「申告・申請等」の「帳票一覧」において『添付書類追加』をクリックし、「追加可能添付書類一覧」から追加の上、送信してください。
なお、「税務代理権限証書」は、メニューボタンの『作成』から『添付書類』をクリックすると、「添付書類一覧」が表示されますので、「税務代理権限証書」を選択し作成してください。

 

理由

特記事項なし。

 

補足

「e-taxでの電子送信では、所得税と消費税を別々に電子送信するので、税務権限代理証書も個別に作成して個別に送信」と思ってしまうが、あくまで添付書類なのでどれかに寄生させないといけない。

中段に該当税目のチェックマークを入れるが、所得税と消費税にチェックを入れるとしても、例えば所得税確定申告書にだけ寄生させる。名寄せは税務署側に委ねる、ことになる。