従業員の表彰金、報奨金の処理 ②法人の仕訳と科目は?

問題の所在

別の記事で、

「従業員の、長期無事故無違反の表彰金は、現金で支出するのであれば、所得税法上、即、給与→消費税法上、即、非課税」

とまとめた。

すなわち、(所得税法上&)消費税法上は、給与ではないことになる。

他方、「」は、法人の仕訳の科目では、福利厚生費a/cが馴染むが、上でこの取引が給与となると、給与手当a/cを使った方がよくはないか?と迷ってしまう。

 

結論

1.福利厚生費で処理しても問題ない。勘定科目は任意。

2、現金支給なので、所得税の源泉対象になります。給与計算上は給与として取り扱う。

社員に税金がかからない方法は、お金ではなく、常識の範囲内の商品券や記念品で贈ることになる。

 

理由

冷静に。帳簿上の科目は任意。会社側の科目と個人の税金のかかりかたは無関係です。

福利厚生費と科目を切ったから消費税が課税になるわけではないし、雑所得になるわけでもない。

内部処理で給与として取り扱えば、問題ない。

 

補足