税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

退職時の社会保険

社会保険の資格喪失の日は死亡などによる喪失を除き、退職日の「翌日」とされています。したがって、月末退職の場合はその翌日である翌月1日が資格喪失日となります。また、社会保険料は資格喪失月の前月分までのものが徴収され日割計算は行いません。

例えば、甲社に数年勤務し4月30日に退職したBさんの場合、資格喪失日は翌日の5月1日となりますので、5月に支給する給与(4/21〜4/30分)を計算する際に、4月分の1カ月分の社会保険料を徴収する必要が生じます。

しかし、同じく甲社に数年勤務し4月29日に退職したCさんの場合、資格喪失日は翌日の4月30日となり4月中の資格喪失となりますので、社会保険料はその前月分である3月分までの徴収となります。したがって、5月に支給する給与(4/21〜4/29分)を計算する際に、社会保険料を徴収する必要はありません。

退職者本人にとっては、いずれにしても1日の空白もなく社会保険に加入する必要がありますので、例えば、Cさんについては4月分の保険料を退職後に加入する保険制度(例えば国民健康保険や国民年金など)に支払う必要があります。

しかし、会社にとっては、1日の退職日のズレにより、1カ月分の保険料の事業主負担分に違いが生じます。退職者側で月末退職にそれほどこだわりがないのであれば、退職日について一度お話し合いになるのも良いかと思います。

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.