税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

3択で!事業目的

「事業目的は、何を、いくつ、どのように書けばいいのだろう?」

事業目的は、基本的に それほど悩む必要はない項目ですので、まずはご安心ください。

お客様の中には、「将来、事業目的に書いていなかった事業を開始した場合には、その瞬間に 定款違反になってしまうのではないか?」と心配される方がおられます。
しかし、ご安心ください。以下の理由で、そのような心配はありません。

事業目的の範囲は、ざっくりいうと「損得に関係なく、私が やりたい事業」です。
必ず する事業である必要はありません。
将来 振り返って結果的に しなかったという事業が記載されていても問題ありません。

また、全ての会社の定款の事業目的の記載箇所の最後の行には、
「・・・付随する一切の業務」と必ず書くことが実務上のお約束になっています。
このおかげで、会社設立時の事業と異なる新しい事業を将来に開始した場合でも 既存の事業との間に ほんの少しでも関連性があれば、定款に書いてある事業目的に該当することになります。

実際、最初は1つ、2つ程度しか浮かばないと嘆いていたお客様も、定款の打ち合わせミーテイングで、ご自身の夢や事業への思いを語って頂くと、すぐに軽く10個くらい(!)の事業目的が出てくるものです。
逆に、それらをおさまりの良い数に集約している位です。

ですので、心配せず、起業にあたってのお客様の熱い思いを、素直に語ってください!

具体的には、記載例を眺めながら、
① 開業時点で行う事業、
② 上記①から派生して、将来、新たに開始する可能性が少しでもあると思い浮かぶ事業、
③ 上記①②とは関係ない、夢。
の3つの視点から書き出せばよいです。

以下の3択から選んでください!

❶ 上記①のみが明確にあり、②③は今はハッキリしていない お客様
→上記①を8つ
  ※最終的に5つ前後に調製します。

❷ 上記①②がハッキリしていて、③は今は思い浮かばない お客様
→上記①を8つと、②を2つ
  ※最終的に8つ程度に調製します。

❸ 上記①②③が共にハッキリしている お客様
→上記①を6つと、②を3つと、③を2つ
  ※最終的に8つ程度に調製します。

 

 

業務対応地域

基本的に東京・神奈川を対応いたしますが、それ以外の地域からでもご相談下さい。

【東京都市区町村】
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市
【東京都地域】
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
【神奈川県市区町村】
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市

日本橋・川崎の税理士へ! TEL 044-577-9391 【電話】平日9:30~17:30 【メール】年中無休

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.