当事務所の、個人のお客様への業務には、以下の特徴があります。

特徴1 個人事業主の方にも、顧問契約をお願いしております。

個人事業主の方への確定申告書の作成支援の場合には、

毎年、一年分の取引をまとめて仕訳し帳簿を作成し、確定申告をする

というやり方が少なくないと思います。俗に「ネンイチ」とも言われるやり方です。

しかし、このやり方ですと、

  • 最近は、税法が複雑になっており、以上のように「やっつけ仕事的」にすると、お客様の事情の理解不足で、税金計算を誤ってしまうリスクが大きくなっています。
  • 例えば消費税等の申告方法の選択を誤り、余計に納税してしまうトラブルが増えていると紹介されることもあります。
  • 決算期以外の、比較的余裕のある時期に、所得税以外の税金のご相談等も伺うことができます。

そこで私どもでは、個人事業主の方であっても、事業・取引を理解し、また相談に対応するために、個人事業主の方にも顧問契約をお願いした方が、税金の払い過ぎといったリスクも低減される意味で、お客様と私どもの双方にメリットがあると考えております。

なお、そうご説明しますと、「ええ、毎月支払うとなると、トータルで料金が高いのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、お支払いいただく報酬は、請け負う業務内容によって決めており、年に引き直した金額でも、他の税理士事務所等で提示されている料金とそん色はないと考えております。

>>こちらから

 

特徴2 税理士が関与していることを証する「税理士法33条の2の第1項の添付書類」を原則として作成します。

「税理士法33条の2の第1項の添付書類」の意味とメリットについては、
>>こちらから

特徴3 申告書の提出には、電子申告を利用します。

電子申告に依った場合には、書面に依る場合よりもメリットがあります。特にお客様の側に立った場合には、還付金が発生する場合、書面に依る場合よりも早く還付されるメリットがあります。