税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

3択で!公告の方法

「公告の3つの方法のうち、どれを選んだらいいのだろう?」

公告の方法には、公告の方法 にあるとおり「官報への記載」「ホームページへの記載」「日刊新聞への記載」の3つがありますことを説明しました。

また、実務的には、「官報への記載」のケースが圧倒的であることを説明しました。

それでも、この項目で悩まれているお客様は、以下のようなやや特別な事情がある方になります。

【事情1】
自社がIT関連企業である場合のように、ホームページがあり更新にも追加コストが発生しない場合に、「ホームページへの記載」が一番コストが低いのではないか?と考えてしまう。

【事情2】
新聞社と取引がある場合、お付き合いの選択肢の一つに「日刊新聞への記載」を考えてしまう。

しかし、私どもは、以上のいずれの場合であっても、「官報への記載」をお勧めしています。

 

以下の3択から選んでください!(・・・でも結論は1つです)

❶ 特段の事情がない お客様
→「官報への記載」

❷ 以上の【事情1】やそれに準ずる場合が該当する お客様
→それでも、「官報への記載」

❸ 以上の【事情1】やそれに準ずる場合が該当する お客様
→それでも、「官報への記載」 

 

 

業務対応地域

基本的に東京・神奈川を対応いたしますが、それ以外の地域からでもご相談下さい。

【東京都市区町村】
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市
【東京都地域】
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
【神奈川県市区町村】
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市

日本橋・川崎の税理士へ! TEL 044-577-9391 【電話】平日9:30~17:30 【メール】年中無休

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.