税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

3択で!資本金の金額

「資本金の金額は、安くしておくと不都合があるのか?」

定款の作成に当たって一番ご相談が多いのが、この資本金をいくらにするか です。

資本金の金額だけ口座に払い込む必要がありますが、創業時には手元資金に余裕がない方が多いため、思案してしまいます。

資本金の金額のところで説明しました通り、資本金の金額は会社法上は1円でもOKです。
しかし、ビジネス上の信用の点から、この選択肢は採用しません。

私どもでは、まず100万円にできるかどうかを相談させていただいております。
開業後の運転資金としては いわゆる法人成り の場合でも、創業時にこれ位ないと最速では半年程度で資金がショートしてしまいます。
また、数字的にキリもいいことも理由です。(その程度です。。。)

ただ、そこまででないという場合には、ビジネス上の信用はとりあえず後でと整理して、最低の最低の資本金の金額として10万円を提案しております。

もう少し資金的に余裕があるお客様には、300万円を提案しています。
300万円という金額は旧有限会社の最低資本金です。貨幣価値が若干変動していますが、法が想定していた規模に見合う金額として納得感がある金額です。

なお、以上の検討とは別に確認しておくことは、お客様の事業が許認可事業に該当するかどうかです。
許認可事業は、多額の資金を要する事業であったり、労働債務が多額に生じる事業であることが多いことから、法令等で最低資本金の金額が定められていることが多いです。

そこで、以下の3択から選んでください!(実質、4択です。。。)

❶ 定款の事業目的に、許認可事業が記載されている場合
→資本金の金額は、法令等で定められている最低の資本金の金額

❷ 上記❶以外で、手元の資金に とにかく余裕がない
→資本金の金額は、10万円

❸ 上記❶以外で、手元の資金に余裕がある
→資本金の金額は、100万円 か 300万円

 

 

業務対応地域

基本的に東京・神奈川を対応いたしますが、それ以外の地域からでもご相談下さい。

【東京都市区町村】
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市
【東京都地域】
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
【神奈川県市区町村】
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市

日本橋・川崎の税理士へ! TEL 044-577-9391 【電話】平日9:30~17:30 【メール】年中無休

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.