税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

発行可能株式総数

ここでは、株式会社設立にあたって決定しなければいけない事項の1つ、
❼ 発行可能株式総数について説明いたします。

発行可能株式総数とは

会社が発行できる株式数の上限を、発行可能株式総数といいます。
将来いくらまで資本金を増やしたいかを見越して決めます。

「発行可能株式総数」×「一株当りの金額」の金額と、設立時の資本金額との差額が、
将来、資本金として増資できる金額の上限となります。

発行可能株式総数についての留意点

▼ 発行可能株式総数は上限が決まっている
株式譲渡制限がある会社を「株式譲渡制限会社」(非公開会社)といい、
株式譲渡制限のない会社のことを「公開会社」といいます。

株式を上場している公開会社は、
発行可能株式総数が発行済株式総数の4倍を超えることはできません。
設立当初の会社のような非公開会社には、
発行可能株式総数の上限はありません。総数を、1,000、10,000…といくらでも設定できます。

▼ 発行可能株式総数は大きくしておく方が良い
発行可能株式総数が少ないと、資本金の上限にすぐに達してしまい、
増資の際は定款を変更しなければならなくなります。
発行可能株式総数を大きくしておくことをおすすめします。設立時の資本金額の4倍~10倍にすることが実務的です。

▼ 定款を変更すれば、後から資本金の上限を変えられる
定款を変更し、発行可能株式総数を増やすことで資本金の上限は容易に変えることができます。
その際、定款変更には登録免許税3万円がかかります。

次に、❽ 公告の方法 について説明いたします。

 

 

業務対応地域

東京・横浜・川崎を中心に対応しております。こちら以外の地域のお客様へも、可能な限り対応しておりますので、まずはご連絡下さい。

【東京都市区町村】
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市
【東京都地域】
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
【神奈川県市区町村】
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市

日本橋・川崎の税理士へ! TEL 044-577-9391 【電話】平日9:30~17:30 【メール】年中無休

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.