税理士なら川崎幸UFT税理士綜合事務所!平日と土曜日は夜21時まで!

本店所在地

ここでは、会社設立にあたって決定しなければいけない事項の1つ、
❺ 本店所在地について説明いたします。

本店所在地とは

本店所在地とは、本社の住所のことです。

定款に記載する上での留意事項

▼ 住所の記載は略してはいけない
「神奈川県川崎市幸区幸町1-2-3」のように略してはいけません。
必ず、○○1丁目2番3号のようにハイフンは使用せず、正式な住所表示を記載してください。

▼ 最小行政区画のみの記載もできる
最小行政区画とは、「東京都中央区」や「神奈川県川崎市」までの区画のことをいいます。
本店所在地の住所を定款に記載する際、建物の名称や、ビルの階まで記載することもできますが、全ては記載せず、最小行政区画までを入れることも可能です。
住所を、最小行政区画までの記載にとどめておけば、建物の名称が変わったり、階を移動する、また本店を同じ行政区内で移転する場合に、定款を変更する必要がないという利点があるため、保険を兼ねて、通常、このようにすることが実務的です。

次に、「❻ 資本金の金額」についてご説明いたします。

 

 

業務対応地域

東京・横浜・川崎を中心に対応しております。こちら以外の地域のお客様へも、可能な限り対応しておりますので、まずはご連絡下さい。

【東京都市区町村】
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市
【東京都地域】
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
【神奈川県市区町村】
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市

日本橋・川崎の税理士へ! TEL 044-577-9391 【電話】平日9:30~17:30 【メール】年中無休

PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.