任せて安心の会計事務所です!

FAQ-よくあるご質問

よく頂くご質問とそれに対する回答を以下にまとめております:

  1. いろいろな企業の事例を紹介してほしい (←公認会計士の豊富な経験を紹介します)
  2. 単に税金の計算だけではなくて、合理的な記帳方法を指導してほしい (←税法上(特に消費税)が求める帳簿要件の趣旨を踏まえた、合理的な記帳体制を構築します)
  3. 会社法で、必要となる書類等も作成支援をしてほしい
  4. スピード感のある対応をしてほしい! (← 地元密着型の税理士ですので、対応の速さが自慢です!)
  5. ついでの時に、気軽に相談したい (←原則として毎月、お会いする機会を設けます。)
  6. 忙しいので、来社してほしい (←原則として、私どもの側から貴社へ訪問します。来て頂く必要はございません。)
  7. Eメール、携帯電話メール、LINEでやり取りしたい (←Eメール、携帯電話メール、FAX、いずれでも対応致します。
  8. (上と逆に)メールはできない! (←FAX、税理士の携帯電話番号をお知らせします。)
  9. 必要なサービスのみを提供してくれれば十分だ (←無駄な報酬を請求することはございません。)
  10. 自社で仕訳をできないといけないの?(←某フランチャイズの税理士事務所の中には、「会計は経営の羅針盤であるから、自社で月次決算を励行しましょう!」と言って、全ての会社に自社での帳簿付けを指導されるところがあります。そのために、簿記の仕訳が分かる担当者を雇うことになったり、社長自身が帳簿付けをしているようです。しかし、実際には、中小企業であれば、一般論として、「売上が2億円前後までのオーナー会社であれば」「社長自身が、当面の受注内容(入金予定)と支出予定を把握できるのであれば」、資金繰りを社長が把握できるので、コストを掛けてまで自社で帳簿付けをすることは不要なことが殆どです。
  11. 法務や労務の問題も、併せて相談したいけど、、、複雑な課題は税理士で大丈夫か心配 (←専門に特化した弁護士、司法書士等のアライアンスメンバーとチームを組んで対応いたします。)
  12. 売上10億円規模の企業のサポートはできるの? (←税理士事務所、公認会計士事務所、監査法人の3つが連携しますので、幅広い、高度な課題にも対応いたします。)
  13. 以前の税理士は、税務調査に立ち会わなかった、、、(←100%、税務調査に立ち会います)
  14. 記帳、給与計算を全部丸投げしたい (←会計ソフトの入力が苦手、時間がない場合は記帳代行いたします。)
  15. サラリーマンの担当者はイヤだ (←税理士が経営者と同じ感覚の視点でサポートします。)
  16. 社長個人の財産管理にも助言してほしい (←相続税・贈与税・譲渡所得税など、法人だけでなく、個人も含めた総合的な対策について提案いたします。)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 044-577-9391 受付時間 9:30 - 18:00[土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 川崎幸UFT税理士綜合事務所 All Rights Reserved.